ハゲない方法とハゲ予防

ハゲになる噂のあるもの

 

なるほど。確かに”こうしたらハゲになるよー”とか”あーしたらハゲるよ〜”とか聞いたことはありますわな。

 

ここではそのような噂の検証?をしてみたいと思います。

 

まあこの他にも、根も葉もない噂なんかはあるのでしょうが・・・

 

でも火のない所に煙は立たないとも言いますからね・・・

 

医者画像

ハゲになる噂のあるもの記事一覧

カップラーメンばかりはよくない

カップラーメン画像 誰でも一度は食べたことがあるであろうカップラーメン。最近などは手のこんだ商品が次々と登場し、味も一昔前に比べると、より一層本物のラーメンの味に近くなってきたのではないでしょうか。しかし、これも毎日食べるのは体によくありません。なぜならカップラーメンは、非常にカロリーと塩分が高いという特徴があり、加え...

≫続きを読む

 

フケかゆみはハゲの大敵だ

ハゲ画像 フケやかゆみは抜け毛の大敵ともいわれています。フケは誰にでも発生するものですが、なぜか異常に発生してしまう人がいます。正常な頭皮角質は、一ヶ月ほどかけて古い皮膚が剥がれ落ち、新しい角質と入れ替わっていきます。この剥がれ落ちる皮膚がフケとよばれるものです。この角質の入れ替わりがはやくなると頭皮のかゆみ...

≫続きを読む

 

ダイエットのしすぎはハゲのもと

ダイエット画像 今盛んに話題にのぼるダイエット。最近では女性のみならずメタボなどを気にして男性も数多く挑戦するようになりました。しかし、このダイエットもやり方を間違えれば、とんでもないことになってしまうのです。気を付きましょう。ではまず何に一番気をつけなければならないかを言うと、極端な栄養不足に陥らないようにするこ...

≫続きを読む

 

不潔にするのはハゲによくない

ハゲ画像 ハゲにならないためには清潔でいることも非常に大事なことです。清潔といっても、洗髪ばかりしているからいいというわけではありません。もちろん身の回りの整理整頓も大事ということです。そんなもの頭髪と関係ないではないかという声が聞こえてきそうですが、さにあらず。これは心理学的にも証明されているのですが、汚い...

≫続きを読む

 

タバコの吸いすぎはハゲへの近道

タバコ画像 タバコは百害あって一利なしとよくいわれますが、タバコの値上がりや、禁煙の場所が多くなったことで喫煙者の数はだいぶ減ってきたものの、まだまだタバコをやめられない愛煙家の人たちもたくさんいます。タバコの害については、数多くのメディアでも取り上げられているため、今更説明するまでもないのですが、タバコを吸い...

≫続きを読む

 

アルコールはハゲによくないのか

アルコール画像 アルコールはハゲるのか?これもなかなか疑問です。タバコなどは百害あって一利なしなどいわれますのでわかりますが、アルコールは逆に百薬の長などともいわれ、それほど悪いイメージもわいてきません。むしろ血行が良くなっていいのではないでしょうか。それでは専門的に見るとどうなのでしょう。まあこれは嘘じゃないかと...

≫続きを読む

 

縮毛矯正はハゲるのか?

縮毛画像 縮毛で悩んでいる人も多くおります。今は、美容室で縮毛矯正なるものを結構やってもらう人もいるらしいのですが、巷では縮毛矯正するとハゲるなどと囁かれているそうです。まず、縮毛矯正とは何なのかと言いますと、読んで字の如くくせ毛の矯正なのですが、くせ毛の内部のタンパク質の結合から矯正するものです。ストレート...

≫続きを読む

 

へルメットをずっとかぶるのは?

ヘルメット画像 ヘルメットをずっとかぶっていると頭がハゲるとかよく言いますよね。実際仕事などで、毎日ヘルメットをかぶっていると、汗で地肌が蒸れてカビが繁殖しやすい状況になり、毛穴に炎症を起こしやすくなります。カビによるこの炎症が抜け毛の原因になることはあるので、髪のことを考えるとヘルメットはあまりよくないかもしれま...

≫続きを読む

 

冷え性の人はハゲやすいの?

冷え性画像 冷え性というかたも結構おられますが、この冷え性もハゲの要因になるといわれたらどうでしょう。これも信じる信じないは別として、まず冷え性の原因としては、内因として貧血、鬱血、水分の偏在、自律神経の失調、ホルモン分泌の異常、新陳代謝機能の低下、外因としては、冷房、薄着、湿気などがあげられます。実際冷え性に...

≫続きを読む

 

ドライヤーや整髪料はダメ?

ドライヤー画像 ドライヤーや整髪料などもハゲる原因ともよく言われます。事実、ハゲあがってきた人などは、それを気にしてあまりドライヤーや整髪料を使いたがらないようです。まず整髪料についてですが、これ自体が髪に悪いわけではありません。しかし、選び方や使い方を間違うと危険です。例えば頭皮や髪が傷ついている時に、刺激の強い...

≫続きを読む

 

おススメサイト